国際赤十字・赤新月社連盟(No.110*国旗ハートシリーズ)

今回は 国旗ではなく国際機関の旗のハートステッチを試みました
このマークというか旗は 震災以来 ここ日本でひときわ身近に感じられるようになったと思います

岩手県大船渡市・碁石海岸の石とともに(写真左上)
震災復興への祈りを込めて・・・


国旗ハート・シリーズNo.110* 国際赤十字・赤新月社連盟
National flag heart cross-stitch series No.110*
International Federation of Red Cross and Red Crecent Societies(ICRC)


a0158061_9162623.jpg


1863年、スイスのアンリ・デュナンの提唱で創設された国際組織です。
人道的立場から、敵味方の区別なく、戦時の負傷者を救済するためにつくられました。
現在では、災害救護・病院経営・衛生思想の普及なども行っています。

旗は、デュナンの祖国で赤十字創設に尽力したスイスに敬意を表し、
スイス国旗を反転して考案されたものだそうです。
その後、十字記章には宗教的意味は持たないことが、繰り返し確認されています。

しかし、イスラム諸国では、十字を避け、新月をかたどった赤新月旗を使用しています。
また、イスラエルでは、そのどちらでもなく、赤菱形にダビデの赤い盾旗を使用しています。


今 赤十字と聞いて思い浮かぶのは、日本赤十字への義援金のこと。
過去にない早さと規模で集まっているようですが、被災者のかたに早く渡るといいですね。。

災害の規模も組織の規模も大きくて
なかなか皆が納得した形で迅速に、というのは大変でしょうけど
創設者アンリ・デュナンの高い志のもと
どうか腐らず疲弊せず がんばってわたしたちの想いを届けてください
よろしくお願いします、日本赤十字さん!



碁石海岸は 浜に碁石のような黒く滑らかな石が敷き詰められた 美しいところでした
今 この石たちが わたしと震災地と 想いをつなぐ 大切なお守りのように感じています



[PR]

by zoeyu | 2011-04-06 09:49 | National flag heart

<< ジブチ(No.111国旗ハート... cross-stitch &l... >>