マラウィ新国旗(No.117国旗ハートシリーズ)

国旗ハートのシリーズを始めたのは去年のはじめのころでした。
そのときステッチして、それ以降国旗が変更になったので、2回めの登場です。
シリーズ中、もう一度あるかないかの、たいへん珍しいパターンです!


国旗ハート・シリーズNo.117 マラウィ(2010.7.29~)
National flag heart cross-stitch series No.117 Malawi(2010.7.29-)
a0158061_5204724.jpg

              赤  アフリカの自由のために戦った殉教者の血
              黒  アフリカ大陸の人びと
              緑  マラウィの国土と天然資源

              中央の白い円  太陽

旧国旗では、独立したことで国の「夜明け」を表すとされた、半円の太陽
新国旗では、「夜明け」の時代はもはや過ぎ、白く輝く全円の太陽とすることで
        これまでの国の発展を示し、これからの国づくりへの決意を込めた ということです。

(写真左の 旧国旗の国旗ハートは、2010.2.25 に No.11 としてステッチしました。)






ここからは余談です。

わたしは、なぜ国旗ハートシリーズを始め、続けているかというと
むかしから読んでくださっているかたは おわかりかもしれませんが
きっかけは
ブログを始める前のこと
あるとき ノルウェーの国旗でハートをステッチし ノルウェー人のかたにプレゼントしたら
じぶんの予想以上に喜んでいただいた という経験からでした

国旗ってそのひとの生まれ育った国や土地・暮らしを思い出すものなんだな・・・
ほかの国旗をもつ他国のひとに大切にされると、こんなにうれしいものなんだな・・・
ほかの国の国旗でも、ハートを作ってみたいなあ
作るのなら、じぶんの浅はかな知識で「知ってる国旗」だけステッチして自己満足したくない
ほんとうはこんなに国旗・・・国があるのだと学びたい。。
こんな思いからです。

ほんとうは・・・
そう
「ほんとうのこと」。
わたしが生きる上で、大切にしていきたいとおもっていることです。

わたしにとって大切な存在である クロスステッチにおいても
そのことは、なおさら誠実でありたいとおもっていることです。
残念ながら 心がまっさら純白だなんていえようもないわたし
だからせめてクロスステッチで表すときは・・・と それは祈りにも似て
真摯な心でいるつもりでいます

だから、なるべく 直接見て触れて心揺さぶられたモチーフを 描いて刺繍したい
マジョリティや流行が大きな顔をするのではなく 全て平等に 差無く見る心を持って取り組みたい

「ほんとうのこと」。

ちっぽけなこのブログの 取るに足らない刺繍たちですが
あたたかい目に見守っていただきながら
言いたいこと言って 表現したいことさせてもらって お仕事もさせていただけていること
ほんとうにほんとうに 「有り難い」ことだと思っています。


以上
脱原発を唱えているある日本の俳優が 仕事を降板させられたというニュースで
思ったことを書きました。

未来の為に大切なことを勇気を出して声に出しているひとの足を引っぱるなんて
仕事を奪うことで、そのひとのなにが奪えると思ったのでしょう。
お金ですか。職場での価値でしょうか。
それこそが
奪ったやつが 最も大切にしていることなのでしょうね。

命が一番大切って、じゃあそれ、ほんとうじゃなくて、うわべだけですか。


殺虫剤使ってちっちゃな虫一匹しとめて得意げなくせに 「生物多様性」だって
コンクリで土を封じ込めて除草剤使って一面草枯らしといて「緑のカーテン」だって
人間てなにやってるんだろう


人間て ほんとうは いま どこに向かっているんだろう





















[PR]

by zoeyu | 2011-05-27 06:25 | National flag heart

<< 国際信号旗コレクションNo.4... クロスステッチ 「バラ苑での出... >>