リトアニア(No.129国旗ハートシリーズ)

リネンのいっぱい生まれる国♪

国旗ハート・シリーズNo.129 リトアニア共和国
National flag heart cross-stitch series No.129 Republic of Lithuania
a0158061_64082.jpg


黄  太陽と小麦と自由への解放
緑  森林と回復した希望
赤  独立解放のために戦った愛国者の血と勇気(中世リトアニア公国の紋章の色でもある)

この3色は、伝統的な民族衣装の色彩から生まれたとも言われています
バルト3国の南に位置する国です。


おととい、子どもたちを図書館に連れて行きました。
いつもなら、一緒に絵本や児童書コーナーをうろちょろして終わるのですが
その日は、とっても久しぶりに、手芸や料理の本の並ぶコーナーをのぞいてみました

そのときに偶然出会った本に、リトアニアのリネンのことが書かれてありました
リネン・・・数年前なら全く触手の伸びなかった素材です
丈夫なのは知っていたけれど、なんとなく、自分好みではないのかな、なんて思っていました
コットンのふんわりが、昔から大好きだったし、生活=綿、ていうかんじだったからかな。
でも、リネン、最近、ちょっとづつ、買ってみて、縫ってみたり使ってみたりし始めました
どんどん好きになってきています
これから、もっともっとよく知りたいし、仲良くなりたいな♪ リネン。
本に載っていたナチュラルリネン生地のお話や、
白い花の咲くリトアニアのリネン畑の写真に出会って
ますますそんな気持ちになりました♪




(追伸)
しばらく、ヴァカンス・・・なんて要は夏休み帰省にて、ブログも夏休みさせていただきます^^
コメント欄は開けたままにいたしますが、お返事は戻ってきてからになります。すみません。
戻るのは・・・ビーチにクラゲが現れるころかな^^;
そのときまで、スキン(テンプレート)背景の、夏休みヴァージョン?!^^にてお届けします。
(文字や写真のダウンサイズがヘンな箇所があり、見苦しいところがあるかもしれません
一時期のこと、と流してくださったらうれしいです^^;)
みなさまにとって、よい夏となりますよう お祈り申し上げます。



ちなみに、ご存知のかたはもうおわかりかと思いますが、
帰省先は 自宅よりずっとフクシマに近づくことになります
稲わらも腐葉土も(一時期野菜も)汚染されているとされた地域です
なんの迷いもなく、子どもたちとの帰省を決めました
わたしは 小さな子を持つ母親として みなさんにどう映りますか
これでも自分なりに真面目に生きているつもりです
これ以上は 説明を求められたとしても うまく言える自信がありません
ひとつ言うならば
帰省する先には 普段通りの人々の生活があります


野菜やお茶や魚や牛肉や・・・
不幸にも汚染されてしまった食べ物が消費地域に出回るたびに、出る声
「なにを食べたらいいの?」
・・・そうではなくて、食べられるものがあることを、感謝していたいです
「なにを信じればいいの?」
・・・信じていける人が身近にいることを、感謝していたいです
そんなに ヒステリックに ならないで・・・


「この先なにで食べていったらいいの」
「信じていた人はもう戻ってこない・・・」
被災地での もっともっと苦しい思いでいる人のことのほうを 考えたら・・・ ・・・

[PR]

by zoeyu | 2011-07-27 07:29 | National flag heart

<< 11kmウォーキングとキャンプ... Puyricardのマシュマロ... >>