祖父の日本画~花咲く ささやかさな回顧展~


先日は しずかにおだやかなお天気の下 祖父を見送ることができました
ありがとうございました


きょうは 祖父が描いた日本画をここに展示したいとおもいます
影が入ったり、拙い写真で、その点おじいちゃんにも皆さんにも申し訳ないです ご容赦ください




a0158061_14582411.jpg


a0158061_1459998.jpg


a0158061_1543321.jpg


a0158061_14595995.jpg




a0158061_1504121.jpg



クロスステッチの作品作りに疲れることがあったら きっとわたしは ここに戻ってくるでしょう
日本画と クロスステッチは もちろんちがうものだけれど
写真を見ると 実物の絵に対峙したときの 心地よく静かな時間を思いだします
そして ふだん忘れてしまっている なにかとても大切なことを 教えてくれるような気がするのです

それは、描いたのが血を分けた人間だからなのでしょうか
それとも、身近な花が咲きこぼれ、鳥や動物が息づくそのモチーフのせいでしょうか
色彩や筆遣いにそれを感じるということなのでしょうか
いまのわたしには わかりません





見ていただきまして ありがとうございました

[PR]

by zoeyu | 2011-10-03 15:46 | monologue

<< クリミア・ハン国(No.136... 天国へのお見送りに行ってきます >>