クリミア・ハン国(No.136*国旗ハートシリーズ)

今朝 娘の手をひいて歩いた空は 雲ひとつない さわやかな秋のブルーでした
めずらしく 雪をかぶる前の富士山が その姿をあらわしていました

甘い香りに視線を移せば
金木犀の花が一斉に そのかわいらしいミルキーオレンジの小花を咲かせていました


a0158061_10503829.jpg


国旗ハート・シリーズNo.136* クリミア・ハン国
National flag heart cross-stitch series No.136* Qirim Yurtu(1441-1783)

黒海につき出たクリミア半島に、15世紀中ごろに作られた、過去の国の国旗です。
クリミア・ハン国は、チンギス・ハンの末裔によって建国され、
ロシア帝国に併合されて幕を下ろしました。

旗の左上のしるしは、タンガと呼ばれ、ハン(支配者)の紋章なのだそうです。



タンガについてくわしく知りたいと思って、かるくネット検索してみたら、
下着がいっぱい出てきてビックリして、すぐに断念しちゃいました。
ダメですね~わたし
調べ物はやはり、図書館に行ったりして文献をあたるほうが、やっぱり向いてるかも・・・。
商業とは切り離されていて、しかも文責があるというのは、やはり安心感が違いますね。
書籍にもよりますけど。
ちなみに
タンガ違いで出てきたほうは、ポルトガル語(ブラジル)の、Tanga。
ざっくり言うと、リオのカーニバルなどに着用する衣装の下にはく、V字の下着なのだそうです。
初めて知りました^^;

[PR]

by zoeyu | 2011-10-04 11:12 | National flag heart

<< クリミア自治共和国(No.13... 祖父の日本画~花咲く ささやか... >>