~わたしの自習時間~ネットの著作権ルール・プチメモ

ここのところ、著作権に関する本を借りてきて読んでいます。
じつは、ブログを始めた当時から、あやふやなままだったことがいくつもありました。
読書を進めるうちに、それらが次々とはっきりしてきました。嬉しいです。
でも、理解を深めるのには、自分にはもうちょっとかみくだく時間が必要だと思っています。。


基本理念としては、

「著作権は、著作者を守るための、強力な権利だよ!」

「ネット公開の広まる昨今にあって、みんなが著作権を正しく理解して、
 作品を自由に、楽しく、創作・発表していく世界を作っていきましょう!」

そんなメッセージを感じる本でしたので、読んでて心強く嬉しかったです。



勉強して目からウロコだったことはたくさんあってここには書ききれません。
(それは、わたしがあまりにも無知で不勉強なひとだということが大きいです。汗)

その中からとくに「はっきりして良かった~!」だったものを選んで、
自分の理解した言葉で、ここにプチメモとして2・3残しておきたいと思います。


●コピーライト表記について
 例: copyright (c) 2010 zoe All Rights Reserved.
 これって・・・
 「2010年に発表したもので、著作権はすべてzoeが持っています」
 という意味だそうですが・・・
 ザックリ言って、日本の国内においては、法的な意味はないそうです。
 でも、世界中で言えば何が起こるかわからないし・・・ということで。
 「無断で使ったりコピーしないでね」というアピールで用いられたりするそうです。

●「著作権フリー」について
 正しい→ 使用料・利用許可不要
 要注意→ 勝手な変更・加工または第三者への配布
 間違い→ 著作権がない・自分のものとして公表していい

●リンク 
 無断も含めて法的に問題は無いが、マナーの問題として許可をとったほうがいい

●ダウンロード
 自分だけで楽しむのであれば、著作権法では、著作物の使用は許可されている
 でも、自分の手元に保存したその他人のデータを、写真一枚であろうと勝手に公開したら違法

●著作者がいる写真をもとにイラストを描くこと
 違法。著作権侵害になる。
 (ここで個人的疑問。イラストではなく図案を描いたら??)

●個人サイトは私的利用の範囲内か
 公開している限りは、私的利用とはいえない。
 つまり「公衆送信権」「送信可能化権」が発生している行為なので
 著作権で保護されているものは勝手に利用できない

●どんな名画たとえばモナリザでも、著作権保護期間を終えたものは、だれでも利用できる



などがありました・・・。

なんだか難しい言葉、並べちゃいましたね。ごめんなさいね。
[PR]

by zoeyu | 2012-06-01 17:53 | monologue

<< ヨルダン(No.161国旗ハー... アップできるステッチないのゴ... >>