ドールニーナと減災のためのちょこっと手づくり**

a0158061_1056737.jpg

風の強い週末でした
日曜日はひな祭りの日でしたから
ちらし寿しとはまぐり…ではなく
今年はわけあってしじみのお吸い物で^^;
ささやかなお祝いをしました

そんな おうちですごした週末
ニーナちゃんは誕生しました!

ホビーラホビーレで、上の娘がキットにひとめぼれ♪
買ったのは…もう一年近く前になっちゃうかしら
その間 ずっと目につくところに置いていたくせに
さすがにこのままじゃ、かわいそう…なんて
なんだか今になって 急にむくむくと制作欲がわいたのでした

顔を縫い描くところが、やはり一番ドキドキしました☆
娘たちの かわいい妹ができました、なんてね♪
家族みんなで 似てるの似てないのって話しながら、
初のお人形つくりにしては、手前味噌ながら 満足の出来となりました♪

今は 学校に行っているお姉ちゃんたちの帰りを待つニーナちゃん
わたしとふたり

なんだか 部屋の模様替えやお掃除に
ぐぐんと張り合いが出てきたみたい!
不思議なチカラを お人形って持っているんですね
これから、もっと お洋服、作ってあげるからね~^^

そうそう
そんなニーナが座って寄りかかっているのが
娘2人に「減災のためにちょこっと手づくり」したものです
防災ずきんカバーと、きんちゃく袋

それぞれ、学校で使っているこれとは別の防災ずきんカバーを作ったときに
余ったキルティングで作りました
つまり この柄イコール、「地震や火事の避難グッズ」と
た・ぶ・ん 子どもたちの視覚そして脳は 刷り込まれているはず!
…という効果を期待しています
防災ずきんカバーといっても、筒状でまくらカバーみたい^^;
でも、わざと銀色の難燃生地が見えてるほうがいいかなって思いました
取り出しやすいのもいいかなって思いました
リビングの片隅にいつも置いておこうと思っています

きんちゃくには、水とかちょっとした食べ物とか包帯とか
まずは入れておこうと思っています
あとは、アメとかクッキーなんかも 母としては 入れてやりたいです
お菓子は、子どもの心が安心するのに、あったらいいんじゃないかな~なんて*^^*
大人用の防災リュックもあるにはあるけれど
子どもひとりひとり専用のグッズ、という視点で作ってみました
あんまり実感もないし 考えると怖いしつらいけど もし守りきってやれないとき
ひとりで家から避難所に逃げるときに持ってほしいと想定して作りました

中身に関しては 親子で考えて 話し合って 少しづつで恥ずかしいんですけど
これから バージョンアップしていけたらいいなと思っています
ひいては
災害が起きたときの心構えを
忘れることなく 少しづつ深めていけたらいいなと思っています

○○○○○○○○○○○○○○○○


さてさて~
今日はいっぱいおしゃべりしちゃいました♪
そうしてPCに向かっている間に
おてんとうさまも ちょこちょこ顔を出してくれるようになってきたので
これから、お雛様のお片づけをしたいと思います^^
7段飾りのお姿がお部屋からいなくなってしまうのはさみしいですが
娘たちがしっかり嫁入り、というより自立してくれるよう
まずはそっちの健やかな成長を願いつつ
また来年 きれいなお顔でお目にかかれますようお手入れしながら
心をこめて 仕舞いたいとおもっています


 

[PR]

by zoeyu | 2013-03-04 11:35 | My favorites

<< ベリーズ(No.187国旗ハー... チェコ共和国(No.186 国... >>