カテゴリ:monologue( 34 )

布や刺繍糸が被災地のかたがたに無事お役立ていただけることになりました*^^*

先日、1月18日の記事にて
布や刺繍糸などを 震災被災地支援団体に送ることにしました、という近況を
書かせていただきました。
今日は、その後どうなったかをご報告したいと思います。

あれからほどなく、2つの行き先へ無事発送することが出来ました。
2つの行き先というのは、次のとおりです。

......................................................................................................................

1 ● みやぎジョネット・みやぎ女性復興支援ネットワーク さん

   刺繍糸・刺繍針・毛糸・紅茶・家にあったアイロン・マッサージグッズ といったものを
   送らせていただきました。

2 ● ふんばろう東日本支援プロジェクト・ミシンでお仕事プロジェクト さん

   布(コットン・化繊・ハギレなど、大きさや素材さまざま)を送らせていただきました。

......................................................................................................................


すると後日、ご丁寧に、お礼のお葉書やメールをいただきました。
そのなかで、活動の様子や、どんなものが実際喜んでいただけたのかを教えてくださいました。
ほんとうに届いたんだ、つながったんだ・・・って、嬉しかったです。
a0158061_1093958.jpg


1 ● みやぎジョネット・みやぎ女性復興支援ネットワーク さんでは

上の写真(右)のように、お葉書をいただきました。
毛糸は、集会所にでてくるひとつのきっかけになるそうです。
心のケアの糸口としても、大きな力を発揮するそうです。
アイロンは、中古でも欲しいと言われるそうです。

この冬の日本はとくに寒いので、家で編み物をする人が多いとニュースで耳にしました。
被災地は東北ですから、とくに厳しいことでしょう
毛糸の暖かな手触りに癒されますように
心を無にできる編み物の時間が、よきひとときとなりますように・・・

もしもあなたのお宅に毛糸など眠っていたら、
こちらに連絡して、送られてみてはいかがでしょうか^^


2 ● ふんばろう東日本支援プロジェクト・ミシンでお仕事プロジェクト さんでは

上の写真(左)のように、なんと、受け取ってくださった被災地のお母さんがた じきじきに、
送った布を手にして、わたしの名前宛てで手書きのメッセージも書いてくださって、
あたたかな視線を向けて写真に収まってくださり、
それをプロジェクトのかたがメールを通じて送って見せてくださいました。
南三陸ミシン工房のかたがたです。

メールには、画像ファイルの横にこんな素敵な一文がありました。
「お母さんたちの笑顔を添付させていただきます。」
なによりです。感激しました。
お母さんたちは、布を手にとっては目をキラキラさせて、
「この生地は何を作ったら映えるかなあ?」と、
嬉しそうにプロジェクトのかたに聞いてきてくれたそうです。
そんな笑顔を、これからもたくさんのみなさんにお届けできるように努めていきたい・・・と
メールはそう結んでありました。

下の写真は、そのミシン工房のワークショップの様子です。活気が伝わってきますね☆

a0158061_107438.jpg

                         (画像のここでの使用、快諾いただきました)


もし、布を送りたいと思ったかたは、ぜひコンタクトをとってみてください。
責任もって、優しさあふれるスタッフのかたが、活動していらっしゃると感じました。
そうそう・・・余談ですが
このプロジェクトのこと、先日、宮本亜門さんが「徹子の部屋」でチラッとお話しされていました。
宮本さんは、支援者のひとりで、
公演のときなどに、ミシンで作った実作品を販売する場を提供しているそうです。









震災直後から、募金などしてきました。
できる範囲で、微々たるものですが・・・。
でも、そのお金が、いつどこへ行ったのか、
本当にそこへ行ったのか、
そこでどんなふうに使われたのか、
それで、ほんとうにどなたかのお役に立てたのか、
なんだか実感というか、いまいちわからないままで残念でした・・・

今回のことは、
本当に「つながった」「どなたかの笑顔や行動になれた」という実感を持つことが出来ました。
東北に少しでも恩返しをしたいという わたしの想いを満たしてくれました。
それは、わたしの心の救いになりました。

これからも、できることで、じぶんが納得するかたちで、
つながっていけたらいいなとおもいます。


救われたのは、わたしのほうでした。
ありがとうございました。















 
[PR]

by zoeyu | 2012-02-10 10:56 | monologue

わが家の糸や布が被災地の女性の希望の一滴になれたら・・・

前からしたいと思っていたことにいま、取り組んでいます。
それは
東北の被災地支援として
刺繍のための材料やミシンのための生地などを送ることです。

わたしの手持ちなど些細なものですが、それでも、なるべく喜んでもらえるように
丁寧に選び きれいに畳んだり包んだりして 箱の支度を整えているところです。

ここに書くことによって、もし支援の輪が少しでも広がったら、うれしい・・・
そんな気持ちで、送る予定の送り先2件を書き記しておこうとおもいます。



****************************************************
●生地の送り先

『ふんばろう東日本支援プロジェクト ミシンでお仕事プロジェクト』

●刺繍針・刺繍糸の送り先

『みやぎジョネット みやぎ女性復興支援ネットワーク』

*****************************************************



『ミシンでお仕事プロジェクト』には、その理念に大きく賛同しています

わたしも、見知らぬ土地での結婚・出産・子育てに奮闘した 孤独でどこか満たされない日々
ミシンカタカタすることが、どんなに心の助けになったか知れません

それで 作ったものを人にあげて喜んでもらったり 作って!ってお願いされて嬉しかったり
バザーに出して心があたたまったり そのうち「おうちショップに置いてみたら?」って
声をかけてらって、そこから、手作り市へ自ら出店したりするようになり・・・


ミシンが好きな人、もちろん東北にもたくさんいらして
そのかたが うちで眠っている生地を何かに仕立ててくださるのなら
生地にとっても、ここにいるより、ずっとずっと幸せなはずです

この活動が、大きく広がりますように。
明日への希望・自立への道筋へ、つながっていってほしいと 心から願っています。

自分が作ったものが売れるということは、うまく言えませんが、
なんとも言えない自己肯定感が生まれます。勇気をもらえます。
わたしの経験です。

作ったものが売れますように。




a0158061_15482424.jpg

こちらは、みやぎジョネットさんへ送る予定でいるものの一部。刺繍糸と針です。
刺繍カフェ・ニットカフェ気分で心をほぐすひとときのお手伝いとなれたらうれしい・・・
箱には、フレーバーティも入れようと思っています。


その昔、フェリシモで、刺繍のキットを半年買ったことがありました。
毎月、新しい刺繍針と ありあまる量の刺繍糸がセットされてきました。

針は幸い折ることなく最初の一本を使い続けることができました。
糸は手持ちの違う色を勝手に使ったりして、たくさん余らせたまま持っていました。

糸は、色ごとにまとめて、中心を紙で巻いて紙テープで留めました。
針は、梱包されてきたままのかたちがいちばんいいかと、黒い包みのままにしました。





震災から あともう少したてば 一年・・・
日々の生活の優位だけに重きを置いて見てしまいそうになる自分を自覚することがあり
自分に寒くなることがあります。なさけないです。

でも
東北のかたのお役に立ちたい・・・
その気持ちは、あの日から、消えたことはありません。
その火を心から消さないようにしたいです。
両手で その小さな炎のまわりを そっと囲って、大切にのぞきこむように
毎日を過ごしたいです。

[PR]

by zoeyu | 2012-01-18 16:50 | monologue

manger les fleurs ~二色菊花の有る夕餉~

a0158061_10185587.jpg

先日も載せた写真
山形で生まれた食用菊「もってのほか」
両親の畑で初めて花を咲かせたと 秋の収穫野菜と一緒に宅配便でやってきました
きれいで・・・数日、その花姿を愉しんでいました
もっと見ていたいけれど・・・


a0158061_10191375.jpg

傷んでしまわないうちに、この日ありがたく“いただきます” することにしました
花びら一枚一枚が筒のようになっていて とても張りがあるように感じられます
菊の香りがキッチン中に広がりました



a0158061_10194912.jpg

さて、こちらは・・・
虫落としのために花びらを下に向けて冷水に浸けていますが・・・


a0158061_10201436.jpg

おなじく、田舎の畑からやってきました。
こちらは、食用としてはおなじみの、黄色でした~**


a0158061_10203047.jpg

こちらは、「もってのほか」と比較すると、手触りがソフトです。

a0158061_10204769.jpg

ハイ、米酢入りの熱湯に行水してきました~
湯上りサッパリ♪ とくに黄色はパッと発色も良くなりました
そのまま水気を切って、おひたしのようにして食べてもおつでしょうね・・・
でも、どうせなら、この美人さんたちを、できるだけ家族みんなが喜ぶようにして食卓に上げてやりたいな
どうしようかな・・・


a0158061_1021499.jpg

紫の「もってのほか」ちゃんは、酢蛸と胡瓜と合わせました
菊は、ホタテとか、魚介類とよく合うような気がします


a0158061_10211931.jpg

黄菊は、旬のカブで菊花蕪を拵え、コラボしてみました
菊の花を模した盛り付けのつもりでしたが、思いつきだったので、もっと工夫の余地があったかもですね・・・
でも、ピリッと二杯酢で、味の取り合わせはマルだったかな*^^*


a0158061_10213294.jpg

二人のデュエットも見たくなって、ワカメのサラダもおまけに作りました
周辺に添えたのは、これまた畑の、わさび菜。
 


        根菜の土の色、葉野菜の緑色、これらの色彩の多くなるこの季節、この彩りは嬉しいですね。
        自然に、風土に、育ててくれた人に感謝して 家族でいただきました


        花びらでおなかがいっぱいになるわけじゃないし、食味も無いといっちゃ無い食材ではあるけれど・・・

        もしかしたら、季節の儀式のようなものなのかもしれません。
        お盆やお正月に手を合わせて 心安らかになる、あの気持ち・・・。
        子どもたちにも、心のどこかに残っていって欲しいと願います。
        晩秋に菊を食すというこの愛すべき日本の文化が、なんでもない母の味で。

[PR]

by zoeyu | 2011-11-08 11:20 | monologue

祖父の日本画~花咲く ささやかさな回顧展~


先日は しずかにおだやかなお天気の下 祖父を見送ることができました
ありがとうございました


きょうは 祖父が描いた日本画をここに展示したいとおもいます
影が入ったり、拙い写真で、その点おじいちゃんにも皆さんにも申し訳ないです ご容赦ください




a0158061_14582411.jpg


a0158061_1459998.jpg


a0158061_1543321.jpg


a0158061_14595995.jpg




a0158061_1504121.jpg



クロスステッチの作品作りに疲れることがあったら きっとわたしは ここに戻ってくるでしょう
日本画と クロスステッチは もちろんちがうものだけれど
写真を見ると 実物の絵に対峙したときの 心地よく静かな時間を思いだします
そして ふだん忘れてしまっている なにかとても大切なことを 教えてくれるような気がするのです

それは、描いたのが血を分けた人間だからなのでしょうか
それとも、身近な花が咲きこぼれ、鳥や動物が息づくそのモチーフのせいでしょうか
色彩や筆遣いにそれを感じるということなのでしょうか
いまのわたしには わかりません





見ていただきまして ありがとうございました

[PR]

by zoeyu | 2011-10-03 15:46 | monologue

天国へのお見送りに行ってきます

a0158061_761217.jpg




                 祖父が亡くなりました
                 93歳でした
                 ここのところずっと病院で
                 ちかごろは認知症もはじまっていました
                 覚悟はしていたけれど
                 やはり 旅立ちは唐突でした







a0158061_6355184.jpg


    これは、おじいちゃんが猫・ミーニャを描いた色鉛筆画3部作のなかの一枚です

    絵を描くことが好きだったおじいちゃん
    なかでも日本画を愛していました
    そして、わたしが一人暮らしのとき飼っていた三毛猫を
    就職して独身寮に入ることが決まり 飼えなくなって実家に連れてったのち
    誰よりもお世話してかわいがってくれました
    ・・・天国で、無事会えたかな  また、ねこ缶、あげているかな


a0158061_6383027.jpg


    そしてこれは、その別の一枚の色鉛筆画をなるべく忠実にクロスステッチにしたものでした
    いわば おじいちゃんとのコラボレーションなのでした








a0158061_6384753.jpg


    おばあちゃんが亡くなったとき
    その日はおじいちゃんのお誕生日でした
    おじいちゃんを見送るお葬式の次の次の日は
    おばあちゃんのお誕生日です


    田舎に帰ってお見送りしてきますね
    ありがとうございましたって、言ってきますね

[PR]

by zoeyu | 2011-09-28 07:09 | monologue

宇宙

a0158061_8362126.jpg


               家の玄関は ちいさなギャラリー
               こども画伯の作品展示が 不定期開催されています*^^*ナンテネ

               昨日の夕方 新作がお目見えしました
               アクリル画です
               ウォッシュやギルディング・・・本人初めての技法がいろいろ
               描いた娘に題を訊きました
               『宇宙』


a0158061_8363931.jpg

               space...
               universe...

               

a0158061_8365511.jpg

                                



               検索して拾えるものはこの世のなかのほんのわずか
               偶然?それとも必然?
               色よ 混ざれ 踊れ 跳ねろ 交われ
               そして なんにも知らないちっぽけなわたしに目の前で見せてください
               手も足も鼻も耳も・・・なんでも使いますから

               息づいている色の魔法
               色の『宇宙』を

[PR]

by zoeyu | 2011-09-21 09:18 | monologue

両親のお庭のカスミソウ&ピンクのお花たち**

a0158061_137343.jpg

               ん・ ・ ・ あまい 花の かおり ほのかに・ ・ ・

a0158061_1375529.jpg


           田舎で過ごした、あっというまの週末。
           東北道は夏休みのような車量でした。


             
           父と母の世話したお花たちが庭でのびのびと咲いていました。
           畑もとってもにぎやかでした。お花に野菜、いろいろもらってきちゃいました。
           「究極の直売所だね♪」って笑いながら^^


           そして今日は 静かな月曜日
           今週は どんな一週間に なるかしら・・・







       
[PR]

by zoeyu | 2011-06-27 13:19 | monologue

**迷い込んだ森の中で出会った こびとたちのような きのこ**

a0158061_13571580.jpg

**雨のあがった今日の朝  とある果樹の鉢のなか  小さな世界の物語**



癒されちゃいました*^^*
ではでは・・・ Bon week-end à tous!!

[PR]

by zoeyu | 2011-06-03 14:06 | monologue

専業主婦が独断で義援金を出したいと思ったときに

a0158061_11381666.jpg

          岩手県釜石市の夜景のポストカード。。旅行に行ったとき買ったものです。。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

アート市の収益から、義援金を出させていただきました。
念願でした。ちいさなちいさなしずくの一滴ですが・・・
うれしかったです。
お買い上げくださったみなさまの大切なお金の一部は、このような形で使わせていただきました。
あらためて、心から厚く御礼申し上げます。有難う御座いました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



商品の売上の中から一定の割合が募金されます、というかたちは取りませんでした。
よって、事前告知や当日告知など一切しませんでした。
(仮にそう告知したとしたら、その後、どのような手段を用いたら、お買い上げいただいた皆様に
適正に募金したという結果を報告する責任を果たせるのか わかりませんでした。)

そのことよりも、作品を作品として純粋に見て評価して、お買い上げしていただきたかったです。
(生意気言ってすみません。)

だったらここで事後報告も要らないのでは?
そうなんです。言わずにいても良かったのですが・・・
やはり、感謝の言葉をここに記しておきたかったです。


クロスステッチを少しでも多くのかたに見ていただくのは、うれしいです。
クロスステッチって、楽しいですよね♪ いいですよね♪♪ ってお話しできるのは、うれしいです。
そう思って、ブログを始めました。
ありがたいことに、みなさんのおかげで、ブログ愉しんで続けさせていただいています。

でも、実際に作品が売買の対象になる・・・
一生けんめい作ったチクチクが、数字の印刷された紙になり、円い小さな金属になる・・・
このことは、以前、わたしが「ほんとにやりたいことなの?」と混乱してしまったことでした。
・・・
まだ、そのころの気持ちは、うまく言葉にできません。
・・・今も混乱してるのかな。

でも、震災が、ひとつ気付かせてくれたことがありました。
自分が心を込めた仕事でお金を稼いで、正々堂々と義援金を出したい。
だから、がんばる。
そういう、モチベーションが生まれたのです。
仕事って、いいな。手に職があるって、素敵だ!
生まれて初めて得た、充実感でした。
それまでは、我慢してするのが仕事で、その我慢の報酬が、お金だと思ってたから・・・

育児で家に居るようになり、「稼ぐ」ことから離れて何年もたっていました。
「専業主婦のわたし」では、独断において義援金をどう出したらいいかわかりませんでした。
(だって仮に節約などして捻出したとしても、そのお金を一生けんめい稼いだのは、旦那様でしょ)
社会につながっていない自分に愕然としました。
このことも記しておきたいことでした。
未来の自分がまた迷ったりしたときのためにも・・・。

これからは、もうちょっとづつ社会で役立つ自分になっていきたい。
そこにクロスステッチが、手仕事が、あったら、いいな・・・
そんなわたしの願いや日々のやる気を支えてくださっているのは
ほかならぬ、ここでこれを今読んでくださっている、あなたです。


ほんとうに、ありがたい気持ちで
「岩手」「宮城」「福島」と書かれた 手元の3枚の振込用紙の控えを眺めています。

[PR]

by zoeyu | 2011-05-10 13:01 | monologue

東北がんばれ!!!

a0158061_11513539.jpg

                         at Kesennuma-Ohshima, MIYAGI 2010summer

a0158061_11522218.jpg

                         at Higashi-Matushima, MIYAGI 2010summer

a0158061_11531672.jpg

                         at Kesennuma-Ohshima, MIYAGI 2010summer

岩手の内陸南部に生を受けました。
仙台市宮城野区に住居を持ちながら石油関連会社で働いていたことがあります。

岩手には祖母をはじめ親戚が多くいます。
宮城・福島には友人・知人が多くいます。
安否はほとんど確認できていません。
(3月14日:祖母・親戚の無事が確認できました。ありがとうございます。
 みなさまにおかれましても、一刻も早い無事の確認が出来ますことを切にお祈り申し上げます。)

自宅・家族は無事です。
停電も8時間ほどで解消しました。
実家の栃木とも、やっと昨日停電が解消したとのことで、無事が確認できました。

被災地のことが一時も頭から離れません。
今、自宅では安全はもとより節電・節資源第一に、リビング一室で家族皆寝食しています。


タイトルにも書きましたが
東北がんばれ!!!





※写真は、去年の夏、両親と妹・子供たちと一緒に海水浴しに旅行に行ったときのものです。  
 何度も訪れていて大好きな場所です。
 東松島や気仙沼の海は あのときも おだやかで美しく
 触れ合った人は、東北人がみなそうであるように そう多くはない言葉に添えて
 どなたも包み込むような優しい笑顔で接してくださいました


 ひとりでも多くのかたの命が助かりますように。
 一秒でも早くご家族のかたに再会できますように。

[PR]

by zoeyu | 2011-03-13 12:13 | monologue