<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Thea GOUVERNEUR ≪Gladioli≫(3)

こんにちは。
楽しい夏を、お過ごしですか。
わたしのほうは、いろいろバタバタしています。
嬉しいことあり、戸惑うことあり・・・いろいろな波が同時にやってきたような一週間でした。
クロスステッチのほうは、そのようなわけで、意に反し、なかなかすすみません・・・グスン。

a0158061_17133789.jpg


でもでも、用事の合間を縫って、ユザワヤに立ち寄れた日がありました♪
糸の色が増えたので、これからはもちょっとテンションあげてがんばれそうです♪ いぇい♪


More
[PR]

by zoeyu | 2013-07-26 17:13 | Non-originals

Thea GOUVERNEUR ≪Gladioli≫(2)

こんにちは。今日は久しぶりになにもない午前中です♪
子どもは自然教室で、八ヶ岳へ。(今日は登山。ガンバレ^^/)
わたしは、ひさしぶりに、つっかけ履いて、デジイチ持って、リビングの掃きだし窓からブラリ。
庭のグラジオラス、こんどはこんな青紫系の花が咲いていました♪♪♪

a0158061_1056229.jpg


Theaさんのグラジオラスは、上からゆっくり、咲かせていきます^^;
いまだに、必要な糸を買い揃える時間が無く、手持ちの糸で、じんわりステッチしています。
彫刻でいえば、荒彫り、のようなイメージかしら。
糸が揃っている・いないに関わらず、こんなふうに「荒く」進めるのが好きです。
まっさらな布から、どんどん絵がにじんで出てくるような…そんな感覚が、たまらないです♪

a0158061_10571824.jpg


余談です。
昨日、DMC社から、2013年度の日本版コレクション(カタログ)をいただきました。
毎年きっちり集めているわけではないので、ラフな印象として読み流していただきたいのですが…
なんだか、素材紹介に終始してしまって、残念、わたしにはちょっと物足りなかったです(涙)

a0158061_10574739.jpg


DMCの素敵なところは、製品の質の素晴らしさはもちろんですが
DMCの発信するデザイナー渾身の図案デザインが、圧倒した洗練された魅力を持っているところだと、わたしは思うのです!
たとえば、2005年度のコレクションは、本当に素晴らしいって思っています!!
たとえば、Franck Sorbier , Yasuko Abe , V.Roy , Isabelle Bard の素晴らしい創作図案が紹介されています。
一生大切にしたいカタログです。
こういうのを、日本版となっても、「紙媒体においても」ちゃんと紹介し続けて欲しかった。
DMCのいちファンとして……残念です。
(P.-S. 生意気言ってすみません。DMCへ、変わらぬ愛を込めて。)


a0158061_10581855.jpg



近況のことですが、こころがいまはすこし、落ち着いてきています。
ただ、嵐の前の静けさ、かなと思い、ひそかにかまえています。

わたしは、いつもこんなふうに、悪いことを想定しては、どう対処すべきか考えるところがあります。
だから、何年も何年ものちに、ほんとうにそうなったとき、動揺はするけど、それが人より少なく見えるようです。
そこが、ときには、当事者としては、いささか薄情じゃないかと思われてしまうようです。
そのことに、逆にちょっとショックだったりもしたけれど、そういうこともあるんだなと学びになりました。






みなさま、夏本番、どうか健康で、元気いっぱいお過ごしになりますように^^

[PR]

by zoeyu | 2013-07-18 11:58 | Non-originals

Thea GOUVERNEUR ≪Gladioli≫(1)

こんにちは。ずいぶんごぶさたしてしまいました。
その間にも季節は進み、熱波厳しい毎日……
そんななかでも、庭のグラジオラスが元気に咲いて、わたしを元気づけてくれます。

a0158061_12101924.jpg

a0158061_121115.jpg

そんなグラジオラスの花々が、わたしを、クロスステッチへもう一度、と背中を押してくれました。
何年も何年も前から、ぜひステッチしたいグラジオラスが、この本の中に在りました。
いま、このとき、無心になれる時間をつくって、このTheaさんの作品に取り組んでみたいとおもっています。


a0158061_12105432.jpg

いま、ここにある色番号の糸から、思いつきのように始めました。

a0158061_12103092.jpg


この一ヶ月……こころが定まらずにいたような気がします。
今から一ヶ月前、自分でリュックを背負って、バスに乗って一度目の入院をした人が
今、一ヶ月経って、二度目の入院では、ほとんど歩くことも食べることも叶わなくなるという、その経過の早さ。
ちょっと前は、小さな俵おにぎり食べてくれたよね?そのあとは、つぶしたカボチャになったね。
いまは、点滴が、いちばんのごはんなの…
もう、わたしの用意した食事を摂ってくれることは、ないの?
この家に、帰ってきてくれたら、いい。看取りまで尽くしてあげたい。
最初は強くそう思っていたけれど、現実を目の当たりにし、介護を全うできるか、
不安な弱気な自分もうまれてきてしまった。そんなことを口にする自分に、自己嫌悪してみたり。

いろんなからまったこころの糸のぐちゃぐちゃは、簡単にはほどけそうもない。
ただ、始めれば一歩一歩完成に向かって進んでゆけるクロスステッチに癒され、救われながら
この安息のひととき、カラフルな糸を引く時間を、愉しんでいきたい…です。

[PR]

by zoeyu | 2013-07-10 13:11 | Non-originals